話し方教室 あがり症対策 心理カウンセリング 福山市で開催中

ブログ

 マイブログ

<< 2020.2 >>
[ブログ]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


2020/2/6 (木)

けんかができる幸せ

 昨日に引き続き今日も中国新聞文化センター話し方教室
寒い中お越しいただきました皆さんに、少しでもホットな気分を味わっていただきたいと奮闘しております。
 今日もありのままの思いを話すということについて皆さんと語り合いました。
やはり様々な意見がありましたが、皆さん共通して言えるのは、感情的になってしまうのは良くないこと、悪い事だと思ってるということです。
 確かに今の時代はすぐにパワハラとかセクハラとか、はたまた、おせっかいハラスメントまで出てきて、ビールをつぎ足すのもダメだと言う人もいる位、他人に厳しい風潮が溢れています。
ハラスメントが表に出てもちろん良い面も沢山ありますが、それを気にするあまり人とのコミュニケーションがより難しくなってしまったような気もします。
 私事で言えば、若い頃良くけんかしていた友人ほど今も仲良くしているという現実があります。
そして家族同士でもいまだに良くけんかをします。
 それはなぜかと考えますと、顔色を読まなくても良い相手、何を言っても絶対に嫌われないという自信がある相手だからなんですね。

 きっと普通の話し方教室では、言い方に気を付けましょう!とか親しき仲にも礼儀有りですよ!と言うのでしょうが、それをしなくても良い相手というのがこの世に一人でも二人でもいてくれたら、それって本当に宝物のような関係だと思います。
 人の顔色や空気を読んだりするのは大切なことだというのは、百も承知であえてこんなことを言ってみました。
 皆さんはどう思われますか?
 もし対等な関係で、顔色伺わなくても良い相手がいたら、その人はあなたにとって生涯の友となるでしょう。
 けんかできるなんて幸せなことですよ!



パーマリンク

2020/2/5 (水)

ありのまま、ストレートに伝えること

 皆さんは誰かと話す時、一度頭で考えてから話しますか?
それとも思ったことをそのまま言葉にして出しますか?
それを朝夕2クラスの生徒さんにお訊きしたところ様々な答えが返ってきました。
家族にはそのまま言うが他人には考えてから言うとか、家族にも言いづらいことは言わないとか、仕事場の人でも言うべきことはきっちり言うとか、、本当に個人個人で違うんだなと思いました。
 私はと言えばお恥ずかしい話し、長い間思った事はすぐに口に出してしまうタイプの人間でした。
相手のことが好きならば必ず思いは伝わるし、何も取り繕うことはないと信じていたのです。
確かに幼い頃から大人になるまでストレートなままそれを受け入れてくれる人たちに囲まれて、通してきてしまったという経緯はあります。
しかし何度も頭を打ってきたのです。
自分なりに数多くの失敗をしてきました。
その度に気を付けて話をしようと思ってきたはずなのです。
 自分自身が話し方教室をするようになり、それに伴い話力や心理学を学び、今までの話し方を見直すようになりました。
すぐには改善できませんでしたが、徐々に変わってきたのかなって思います。
先に相手の話しを聴くことだったり、相手の立場になって考えたりと、、するとストレートに伝えた方が良い場合と工夫したほうがちゃんと伝わる場合があることに気付きました。
 この続きは又次回にお話しますね。



パーマリンク




認証コード(1441)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional