話し方教室 あがり症対策 心理カウンセリング 福山市で開催中

ブログ/2019-04-17

Top / ブログ / 2019-04-17

元気の出る言葉は誰のため?

 桜の命は短くて、、と言いたくなるほど散り際の良い桜に切なさと潔さを感じる今日この頃です。 
 中国新聞文化センター話し方教室、朝晩2回の日でしたが、今日は間に今月開校したばかりのヒューマンアカデミー高等学校のホームルーム見学に伺いました。
5月から私はそこで月1回コミュニケーションについてのレッスンを致します。その高校は不登校になってしまった中学生や高校生がもう一度夢や目標を持てるようになるための学校です。
様々な事情で心が折れかけてしまった生徒達に寄り添いながら、徐々に勇気を出して人と触れ合うことの楽しさを感じてもらえるようにレクチャーしていこうと思っています。
 話し方教室では前回に引き続き「自律神経を整えるための話し方」をしました。
スピーチテーマは「元気の出た言葉」。
皆さん落ち込んでた時にこの人のこんな一言に救われたという貴重な体験を話してくださいました。
感動的な話しも多かったのですが、実は人を励ます言葉は、言われた人はもちろんのこと、言った本人も元気が出るんですね。
ですので、「元気が出る言葉」とは相手だけではなく自分自身の自律神経も整える効果があるということをいつも意識していただきたいと思います。



コメント


認証コード(0347)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional